イオンタウン大垣店舗内/腰痛・膝・肩・首の痛み、美容・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ整体 痛みのお悩みはボディメンテナンス大垣整骨院・整体院まで

シンスプリント

  • HOME »
  • シンスプリント

シンス

 

<シンスプリントとは>

シンスプリントは正式名称を「脛骨過労性骨膜炎」と言います。

その名の通り使いすぎにより、すねの内側の骨である脛骨の骨膜(骨を覆う膜)に炎症反応が起き、痛みが強く出てしまうもののことです。

すねの内側(内くるぶしから上10㎝ほどの高さ)に痛みを訴えるスポーツ障害の一つでもあり、

・陸上の短距離・長距離

・マラソン

・サッカー

・バレーボール

・バスケットボール

など、ダッシュやジャンプを繰り返すスポーツ選手に多いと言われています。

特にスポーツを始めたばかりの人に多く症状が発生します。

また扁平足や回内足などの人も足の筋肉や関節に負担がかかりやすくなるため、痛みを引き起こす可能性が高いです。

 

▪■シンスプリントはなぜ起こるの?■▪

ダッシュや、ジャンプの動作をすることで、筋肉の収縮が起こります。

収縮が起こると骨に付着している筋肉や筋膜に牽引力がかかります。

繰り返しダッシュやジャンプをすることでこの筋肉と骨の付着している部分で牽引力が強くなり、筋肉や筋膜、骨膜に負荷がかかり痛みや炎症反応が起こると考えられています。

また、骨盤や股関節、膝関節などの崩れによっても起こることがあります。

治療をせず、痛みを我慢してスポーツなど続けたりしていると最終的に〝疲労骨折″を起こしてしまうこともあります。

そのため、すねに違和感がある方や、運動中にすねに痛みを感じる方は我慢せず、お早目に治療を始めることをオススメします!!

 

<岐阜 ボディメンテナンス大垣接骨院・整体院 シンスプリントの施術法>

シンスプリントの治療というと一般的には安静にし、運動後などにはアイシングを行い、炎症を抑え、テーピングをしていきましょうといったことが多いです。

この治療も間違いではないですが、「根本を治す」というよりかは、「今出ている痛みを止める治療」となるので、またスポーツなど再開したら痛みが出てしまうということに繋がる可能性が高くなります。

ボディメンテナンス大垣接骨院・整体院では、辛い痛みを早期に取り除き、痛みを繰り返さない為に、まず詳しくカウンセリングや検査をし、下腿の痛みが生じている原因となる部位を明確にしていきます。

さらに、痛みの検査だけではなく痛みの根本原因となる背骨・骨盤などの全身の関節の動きも確認していきます。

背骨・骨盤など各関節の動きが悪くなり柔軟性が低下している状態でスポーツをすると、身体が無意識に補正をして動くようになります。

正常に運動出来ればそれほど負担がかかるわけではないのですが、補正をしながらスポーツなどを続けていると足首の筋肉に強く負担がかかり痛みが出てきてしまいます。

痛みが出ている部位には特殊電気などにより早い痛みの改善を目指します。

また、再発してしまうのを防ぐために、筋肉を硬くさせる原因となっている背骨・骨盤などの全身のバランスを整え、痛みの根本から改善していきます。

 

違和感や痛みがある方は我慢をせず、お早目にボディメンテナンス大垣接骨院・整体院へご相談ください!!

早い段階から、しっかりと痛みを取り除き、全身のバランスを整えて、健康的な身体作りをしていけるよう、

ボディメンテナンス大垣接骨院・整体院スタッフ一同全力で

サポートさせて頂きます!!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.