みなさんこんにちは!ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院の森です。

6月21日から北方接骨院から大垣院に異動になりました。

皆さんよろしくお願いします。

今、小中高生は夏休みの真っ最中です。もうすぐお盆休みなので出かける方も多いと思います。

夏はプール、川、海に行く方も多いと思います。

たまにニュースで水難事故の内容を見ます。

暑いとプール、川、海に入りたいという方が多いと思いますが、水難事故にはお気を付けください。

七月ですが厳しい暑さが続いています。今週は台風も接近しています。

熱中症のニュースもよく見ます。水分補給をしてなくて熱中症になる方や、家でエアコンをつけずに過ごしている方も熱中症になっているそうです。

特にご年配の方が多いです。まだこれから厳しい暑さが続くのでみなさん水分補給はしっかりしてください。

私も室内ですが、こまめに水分補給をしています。

今回は「熱中症対策」について書きます。

➀水分をこまめに取ろう
のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

➁塩分を程よく取ろう
過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

➂睡眠環境を快適に保とう
通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

➃丈夫な体をつくろう
バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

➄気温と湿度を気にしよう
いま自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

➅室内を涼しく保とう
扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

➆衣服を工夫しよう
衣服を工夫して暑さを調整しましょう。衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

➇日差しを避けよう
ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。

➈冷却グッズを身に着けよう
冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。毎日の生活で使えるものから夏の寝苦しさをやわらげるようなものまで、さまざまなグッズがあります。ちなみに、首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

以上が熱中症対策になります。

上記のこと以外にも対策はたくさんあると思います。

夏バテで体がだるくなったり、夜眠れなくなったりします。

そういう方は体の自律神経が乱れている方が多いです。

ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院にハイチャージという治療機器があります。

この機械は体の細胞を活性化し、体の自律神経を整えてくれます。

気になる方はご来院ください。

ボディメンテナンス大垣整骨院・整体院のHPはこちら

交通事故についてはこちら

友だち追加